クエン酸には、尿酸値を下げる効果があります。 ただ、絶対的な効果があるというわけではありません。 クエン酸には、酸性尿をアルカリにする作用があります。 その作用によって、尿に尿酸が多く溶けるようになるので、尿酸値を下げる効果に繋がるのです。 尿酸値は、食生活やアルコールの摂取、ストレスなどが原因となって上昇します。 尿酸値が上昇すると、痛風の原因になったり、腎臓の機能を低下させてしまうでしょう。 最悪の場合には、尿毒症になり、死に至るケースもあるので、尿酸値が高いと治療をしなければなりません。 そこで、クエン酸を摂取すると、尿酸値上昇の予防にもなります。 しかし、あまりに尿酸値が高いと、クエン酸ではどうにもなりません。 病院での治療を受ける必要があります。 まずは、尿酸値を上げないようにするためにも、日頃の食生活を一度見直しましょう。 そして、クエン酸と1日2リットルほどの水を飲んで、しっかりと尿を出すようにしてください。